ミヤモトホームスタッフブログ

Ladies日記

リフォーム 〜畳の表替えは国産い草〜

2011-11-11 (Fri)

大阪府大東市の新築住宅分譲地
【レジデンス太子田1】&【レジデンス灰塚2】にて
〜無垢構造材&自然素材の健康住宅〜
  フリープランで分譲中です  
 
 
 
今週末11月12(土)13(日)
分譲地【レジデンス太子田1】にて完成発表会&構造発表会を開催いたします。
 
 
先日は、OBのお施主様のお家のリフォームで
畳の表替えをさせて頂きました。
 
畳は(とこ)に(おもて)を縫いつけてつくるのですが、
畳を全て新しく取り替える事を「畳替え」、
畳の表面を新しく取り替える事を「表替え」と言って、リフォームのときは
いろいろ選択しながら選んで頂きます。
 
 
今回は、天然わら床で30年ほど経った畳のリフォームでしたので
まず、畳屋さんが畳の床の湿度を測って中の状態を調べてみました。
畳 002
<OB様 藁床畳>
 
 
少し湿度は上がっていたものの、
最近では高価で貴重すぎて、めったに流通する事が無くなった
100%天然のわらでできた藁床畳でしたので、
表を天然国産い草でできた畳に張り替えて
床はこれからも大事に使って頂くことになりました
畳 011    畳 003
< 藁床 >                    < 国産い草 >
 
もし、畳床内の湿気が高くてかびや腐食の心配があったり
ダニなどの害虫駆除が必要な場合は、
『加熱乾燥処理』といって、畳専用の熱処理機械で
しっかりケアをしてもらう事も出来るんです。
 
6畳間なら畳を1泊お預かりするだけで大丈夫です。
綺麗に変身し、とっても香りの良い畳が敷かれたお部屋は
以前より何倍も明るくなったような気がしました
畳 024
<畳 敷き込み中 >
 
 
当社の新築住宅でも、天然国産い草を100%使用した畳表
クッション材に自然素材の天然ヤシ繊維、麻を使用した
足触りの良い硬さの畳床を使っています。
 
 
完成発表会では、天然い草畳の足触りと
家全体を包んでいる自然素材の香りを是非、お確かめになって下さいね